体臭というものは自分自身にもあるから困ってしまう

人間の嗅覚はかなり鋭いですよね?
友達など他の人の家に行った時や電車の中や職場内、色々な場所で気になるニオイが今まであったのではないかと思われます。
そんなわたくしもニオイには敏感に反応します。

他人のニオイが気になってしまうことがよくあります。
なかでも気になるのはやはり男性臭、加齢臭、汗臭ですかね。
どれも全部体の中から臭う体臭と言われるものです。

臭くて堪らない時には吐きけをもよおし、体調を崩してしまうこともあるのです。
どうしようもないですよね。

またその体臭というものは自分自身にもあるのですから困ってしまいますよ。
本当に。
職場では制服だったためパンストを履いていたのですが、ストッキングを履いたときの足から放つ香りはこの上ない(笑)

ニオイは人ごとで済ませられないんですよ。
体の至るところから誰でも臭ってしまうもの。

だから更に、ちょっとでも臭いを抑えるためにいろいろやってみるのがいいんです。
わたくしも足に消臭機能のあるクリームを塗ったら足のにおいが軽減しました。

前に、女子の先輩に「ニオイを無くすのに効く」と聞いた食べものがあります。
「チョコレートでカカオの含有量が高いものを食べるといいよ」と。

それも眠る前などのニオイが出そうになる前に少し食べれば良いみたいです。
体臭は対策グッズを使うことに必死になりがちですが、食べ物でも変えられるそうなのでぜひ試してみましょう。

体のニオイは一度気になり始めたらずっと気になりますね?
現在はオーストラリアに住んでいるので、「こっちに来て風呂に浸からずシャワーで済ませてしまうことが多いのが原因か?」と体のにおいが気になり始めたこの頃です。

おもに脇のにおいです…。
たぶん自分にしか分からない程度の匂いです。

お風呂が原因というか、もしかしたら肉ばかりの食生活に原因があるような気がします。
逆にオーストラリア人の夫は、以前はたまにわきの臭いが気になってたのですが、一緒に暮らし始めて和食を食べることが多くなった為か、そんなに気にならなくなりました。

しかし、いちばん臭うのが子供の足の臭いなんです!我が家は二人の息子がいるのですが、弟のほうの足の匂いのくさいこと!特にサンダルを履いた時!まだ七歳なんですよ…。

こちらの小学校では日本のように上履きに履き替えるなんてことは無く、朝からずっと靴を履いて過ごしています。
靴の通気性がよくないのかな?勿論、家では日本スタイルでうちの中では土足厳禁です…。

とにかく、足を洗うときは念入りに洗ったり、くつもマメに洗っているつもりですが。
どうしてこんなに臭うのでしょう?

体のニオイやお口のにおいなどは、他人に迷惑を掛けてしまいますよね。
とりわけ電車内など人口密度の高い場所では、周囲の人の体の臭いが気に掛かってしまいます。

そういう自分も40代に入り、自分は体臭で不快感を与えていないだろうかと気に掛かる年齢になってきました。
ヘビースモーカーの自分が臭いを意識しだしたのは、友人からいつも煙草のニオイがするねと言われた事が発端です。
ウチは室内禁煙ではないし、衣類は洗濯しても畳んで部屋の片隅に置きっぱなしです。

そんなことからタバコの臭いが衣服に染み付いて、私自身のニオイになってしまったのでしょう。
タバコをやめれば済む話なのでしょうが、意思の弱さから実行するには至っていません。

外出前には、ファブリーズを服にスプレーするという方法でニオイの軽減を図っています。
40代なので加齢臭もそろそ気にした方がいいかもと臭いに対して敏感になっていますが、あんまり悩みすぎるのも体に悪いですよね。
臭い対策は頑張りつつも、必要以上に意識しないように気を付けて暮らしています。

体臭という言葉を聞き、想像する部分って色々あると思います。
脚のにおいや脇のニオイとか。
わたくしは頭の臭いが特に気になります。

前からそう感じていたのですが、私自身の頭髪や頭皮のにおいを気にしていました。
いまだにまくらを嗅いで、気に掛けています。
髪の毛に関しては、シャンプーのにおいで消されるのでわかりづらいのですが、頭皮もけっこう臭うものなんですよね。

もっともにおう時というのは、汗をかいているときです。
湯船につかっている時、夏の太陽にさらされた時、帽子をかぶって頭皮に汗をかいたときは、自分でもマズイなと思うくらいです。
皮膚には毛穴がいっぱいあるため、そこから汗が出てきて臭うのです。
髪のようにシャンプーのニオイで分からなくする事ができないので、厄介です。

ホームセンターへ行くと、スカルプケア用のヘアケア商品が販売されています。
使ってみたのですが、洗った後はスッキリして良い感じでした。
頭の皮膚をきれいに保って、臭いとさよならした生活がしたいです。