自分の体臭を自覚したその日からにおい予防

私が高校に通っていた頃、私の洋服が何故か変な匂いがすることに気が付きました。
アルバイト先の人達の集まりがあり上司の人が吸っていたタバコの匂いがTシャツにくっついたのかもなと思っていました。
その時はまったく自分の体臭だとは想像もしませんでした。

しかし、洗濯して後日、またシャツから変な臭いがしてきたのです。
特にワキの部分がちょっと臭ったので汗のニオイだろうなと思いつつ、自身のワキの臭いを臭ってみるとシャツと完全に一緒のにおいでした。

自分の体臭を自覚したその日からは、消臭効果のあるスプレーを購入してにおい予防策などをやり始めました。
年齢を重ねるごとに段々と脇臭は強まっていきました。

当初は「臭い」だけが問題だったのにいつしか白シャツなどの脇も黒ずんでしまうようになりました。
「脇汗」がよく出るようになり、薄いノースリーブなどが苦手になってしまいました。
「わきが」が発覚した日から、臭いも強くなり脇のアセも以前よりよく出るようになりました。

そんな事から通販でワキガ対策のケア商品と買って、お手入れをしていたら脇汗も止まり、腋臭の臭いも改善されました。
今現在、誰にもバレずに安心して毎日過ごしています。

私は男の人のすっぱい汗のニオイが苦手です。
ツンとくるニオイが駄目で外出先でその臭いがしてくると気分が悪くなります。
時期にもよるのですが涼しい季節なのに酸味のする臭いがするのは何なのかなと思います。
病気なのかなと思いました。

出かけて飲食店にいるときにそのニオイがすると気分が悪くなります。
わたくしも自分の体臭はあると自覚しているので嫌悪感を表に出さないように気を配っています。
臭いがしたからと言って何というわけではありませんが、必要最低限のルールは守りたいなとこういう悪臭がした時は自分を見つめ直そうと思いました。

臭いにできるだけ気を配ることが現在では常識なので、人から臭いと思われるような生活をしたくないなと考えています。
お風呂は毎日入る人もいるし何日も入らない人もいると思いますが、人に臭いと思われるような生活をしている人はもう一度エチケットを守って欲しいなと願っています。
わたくしも生意気なことを言っていますが、じぶんは臭くないか気をつけています。

若いときは汗をかくのって暑いときや運動した後だけに限られていたのです。
それから「どの部位にどれだけの量の汗をかくのか」という汗のパターンも決まっていたのでそこまで汗の事を気にしたりしなかったのですけど、年令を重ねたからでしょうか何事もなく突然の汗が出てくるのです。

あと異常なほどの汗をかくときあるのです。
そうなった場合普段の汗ケアでは間に合わず困っています。
困っていることのケースを挙げようと思います。

ビックリしたりすると頭や顔から大量に汗が出てくる。
落ち着いても汗だけ溢れ出ている。
ほんの少しの動作で、または動いていなくてもワキ汗をずっとかいている。
衣類などの脇の箇所が汗染みで凄い事になる。

睡眠時ふと気がつくと下半身だけびっしょりと汗をかいている。
それからかけ布団をしないで寝ると全身冷えてしまう。
通常ですと衣類、肌着、寝具、デオドラントスプレーとかで対処します。

ですが、私の場合これらの事の他にも発汗場所が変化するので対応出来ていません。
精神的なことやホルモンバランスが大きく発汗に影響しているということは分かっています。
汗というのは心に関与しています。
心のケアも大事だと思います。

少し歩くだけで汗をかいてしまいます。
最初はあたしが肥えているからなんだろうな、と思っていましたが減量して痩せても同じように汗をかくので、「代謝が激しいんだから悪い事ではない」と思っていたのですけど、体を動かすだけで背中側に汗をかきスケスケになってしまうのがイヤなのです。

背中だけだったらマシなのですが、お尻の部分も汗をかくので漏らしたようになってしまいます。
体にフィットした洋服なんて着れず常に自分の背面に気を使う毎日です。
夏の時期に限った事なら良いのですけど、寒い季節も何枚も服を着れば汗をかいていたのです。

ですが冬場に薄着すれば寒くなるし、風邪をひきやすくなるのです。
汗をかき家に帰り着替えないでいると体が冷たくなってしまうし気温の変化などに気を使っています。

暑い時期に汗をかいたから、という理由で店に入り空調の効いている所に行くとスグに汗が冷やされて体が冷えてしまうのです。
夏場にしても冬場にしても汗がでれば、いい事がないので困っているのです。